れぞんでーとる

すりつぶされたりせんぞ

iPadのキーボードを安く用意する方法

しょくぱにすと
2018/12/19 (更新: 2019/12/2)

ども、しょくぱにすとです。

iPadを買った後しばらくして、「せっかくだから、もっと使いこなしたい」と思われたことはありませんか?

iPadには色々な活用方法がありますが、

特にブログ執筆など、文章をipadで本格的に書こうと思った時、自然と「キーボード」の購入を考えるかと思います。

しかし、apple純正キーボードは、1万円超えとキーボードにしては高額です。

iPad購入時に一緒に買い揃えたならまだしも、
しばらく経ってから別で買おうと思うと、躊躇してしまう額ですよね。

そこで僕は、iPadのキーボードを安く用意できないか考えました

そして、実際にそのキーボードを使い続けてきたので、その使い心地についてもご紹介します。

iPadのキーボードを安く用意する方法はズバリ!

iPadのキーボードを安く用意する方法はズバリ、

「bluetoothキーボード」と「タブレットスタンド」を買うことです。

ipadに使えるbluetoothキーボードとタブレットスタンド

iPadはbluetooth接続に対応しているので、
bluetoothキーボードであれば大抵は使用可能です。

また、iPadを立たせるために、タブレットスタンドが必要です。

この二つを揃えることによって、apple純正キーボード相当の機能を用意することができます。

純正キーボードではなく、bluetoothキーボードを使用するメリット

bluetoothキーボード

値段がお手頃

純正のipad用キーボードは1万円を軽く超えますが、
bluetoothキーボードはせいぜい数千円で良いものが手に入ります。

iPadを買って金欠気味だけれど、キーボードを活用したいという方には、心強い味方です。

打ち心地がいい

bluetoothキーボードは、キーボードとしての機能を売りにした製品なので、キーの打ち心地は最低限保証されています。

数千円も出せば十分良い打ち心地のものを買えます。

純正のものも打ち心地は良いらしいので、ここは好みによるかと思います。

選択肢が多い

物を買うときに選択肢が多いのは重要です。

せっかくの買い物なら、自分が気に入ったものを買いたいですからね。

bluetoothキーボードだと、折り畳めて携帯しやすいものから、本格的なキーボードまで、選択肢が豊富です。

買い物に満足しやすいし、愛着もその分湧きやすいです。

他のデバイスにも使いまわせる

bluetoothキーボードなら、iPad以外にも、bluetooth接続できる他のデバイスで使用することが可能です。

例えば、iPad以外に、Androidタブレットもお持ちの場合や、ノートPCのキーボードに満足していない場合等は、

これを機に、いいbluetoothキーボードを買って使い回すと便利かと思います。

タブレットスタンドを使用するメリット

タブレットスタンド

タブレットスタンドを使用するメリットをご紹介します。

自由に角度を調節可能

純正iPadキーボードだと、段階調節でしか角度を調節できません。

それに比べ、タブレットスタンドは、角度調節の自由度が高いものが多いです。

普段ノートPCを使用されている方はご存知かと思われますが、

長時間作業する場合、ディスプレイの微妙な角度調節はかなり重要です。

ディスプレイの映り込みや光の反射などは避けられないですが、
柔軟にタブレットの角度調節ができると、見やすい角度を探せるので、
目の疲れをある程度回避出来て、作業効率アップに繋がります。

iPadを縦置きできる

タブレットスタンドにiPadを縦置き

意外と知られていないかもしれませんが、
タブレットスタンドを使えば、iPadを縦置きしたまま作業できます。

webブラウジングだと、縦置きの方が文字の視認性が高まるので、作業が捗ります。

長文を一気に書く時とかも、縦長の方が作業しやすいです。

縦横どちらでも使えるタブレットの特徴を作業効率向上に活かせる点がうれしいですね。

純正キーボードのメリット

iPadとキーボードを一体化できて、コンパクト

bluetoothキーボードとタブレットスタンドを使うと、それらを別々に持ち運ぶ必要があります。
頻繁に外でipadを使用する方にとって、ipadとキーボードとスタンドの3つをバラバラに持ち運ぶのはかなりの手間になってしまいます。

その点、純正キーボードだと、ipadのカバーとしての機能も兼ねているため、持ち運ぶのは一点のみで済みます。
さすがは純正。名前の通り、スマートなキーボードですね。

膝の上で作業できる

勉強会など、椅子に座りながら膝の上で作業しなければならないシチュエーションがある方にとっては、タブレットスタンドは使えません。

ipadとキーボードが一体型でないと安定してキーボードを入力することができません。純正のキーボードでないと厳しいですね。

純正にはそれだけのメリットがある

純正でしか味わえないメリットはあります。

純正品には、ちゃんとしたブランド品を持っているというプレミアム感がありますよね。

純正のキーボードであれば、スタバで堂々と作業するのは全然できてしまいますしね。

正直、純正キーボードを買う余裕がある方は、迷わず純正を購入された方が良いかと思います。

それでも

  • やっぱり高すぎる
  • そこまで頻繁に使うか分からない
  • とりあえずキー入力しやすくなればいい

という方に対しては、
bluetoothキーボード」+「タブレットスタンド」の構成をおすすめします。

以下、それぞれのおすすめ製品を紹介していきます。

おすすめのiPadスタンド

「Anker スマホ&タブレット用スタンド」

僕が実際に使っているスタンドはこれです。

折りたたみできてかさばらず、角度を調節しやすいのがいいです。

安いしコンパクトで、角度が自由に調節可能なので、これ一択でした。

おすすめのiPad対応bluetoothキーボード

「Apple Magic Keyboard」

このキーボードは、appleのmac用の純正キーボードですが、bluetooth接続なのでipadでも使えます。

macの純正キーボードを買うぐらいなら、ipad専用の純正キーボード買えばいいじゃんというツッコミを入れたくなりますよね。

僕の場合、macbook proも持っているのですが、そのキーボードが薄っぺらすぎたり、cpuで熱くてタイピングが不快だったりで、あまり好きではないのです。

magic keyboardであれば、macbookもipadも兼用して長く実用的に使えるかと思い、かなり購入しようか迷いました。
ただ、やはり1万円と高額なため、買うには至りませんでした。
今思うとこれを買っていても良かったかなと思っています。

「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」

僕が実際に使っているキーボードはこれです。

どれぐらいヘビーにキーボードを使うかは分からなかったので、とりあえず安いキーボードで試すことにしました。

他にも2千円ぐらいで似たような選択肢はあったのですが、このキーボードが一番しっかりしていそうだったので、こちらにしました。

ちなみに、ブログの下書きを書く時は、実際にこのキーボードとipadで書いていたりします。

画像を加工したり、ブログに画像を貼り付けたりするのは、マウスが使える方が効率良いので、ipadではなくPCを使っていますが、

リラックスしながら、気軽にアイデアを下書きで書き留めるといった作業に関しては、ipadとこのキーボードの組み合わせで行っています。

© 2017-2019 れぞんでーとる All Right Reserved.