れぞんでーとる

すりつぶされたりせんぞ

【ITエンジニア】フリーランスになります

しょくぱにすと
2020/2/11 (更新: 2020/2/15)

ども、しょくぱにすとです。久しぶりの更新ですね。

前回の更新から色々あったな。(それらについてはまた別記事に書く予定です)

タイトルの通りですが、

2020年3月末で退職してフリーランスになります。

決断に至るまでの心の内と、次のチャレンジへの意思をはっきり表明しておこうと思います。

新卒入社から現在までを振り返って

このブログでは仕事についてあまり述べていませんでしたが、

実は2017年4月〜現在(2020年2月)まで、 新卒入社したベンチャー企業でITエンジニアをしています。(過去形の方が適切か。)

今の会社に就職した理由

話が遡りますが、そもそもなぜベンチャーIT企業に就職したのかというところから話すのが良いかと思います。

9割は大学院に進学するような大学に通っていたのですが、 経済的に厳しくて、院進はほぼ考えていませんでした。 当時研究経験がまだなかったため、研究自体にあまり興味を持てなかったというのもあります。 それで学卒で就職することにし、学部3年の冬頃から就活を始めました。

当時アピールできたことといえば、

  • Androidアプリ制作
  • webアプリケーション実装スキル
  • コンピュータ・サイエンスの基礎知識
  • TOEIC 900点台

というぐらいでした。

将来的には起業とかで一発あてるとかに憧れていて、 「プログラミングで作ったサービスでお金を儲けるビジネス」にすごく興味がありました。

となると、大企業ではなくベンチャー企業一択で、

イケてるITベンチャーでwebサービスとか作って、ビジネスインパクトある仕事をしていこうと思いました。

それプラス、学生時代に趣味で色々作るのが習慣化していて、それを続けられるような環境を求めていたので、 ITベンチャーの自由な環境に惹かれました。

エンジニア逆求人イベントで、多くの企業の方々と面談させていただき、その後、会社見学等をさせていただいて、 いい感じの会社を見つけられました。

ビジョンが共感でき、社風も福利厚生も良い会社だったので入社しました。

入社してよかったこと

世間ではブラック企業やらハラスメントやらが問題になっているようですが、 それらとはほぼ無縁で、非常にいい会社で不満に思うことはあまりありませんでした。

この3年間でいろいろな経験をさせてもらって、成長することができました。

裁量が大きい

裁量が大きいので、入社して1年たったぐらいで大規模サービスの開発に関して、自分で意思決定を行えました。 自分の仕事に当事者意識を持てるので、やりがいを感じられました。

安定した生活

優秀で人柄が良い社員が多く、ハラスメントとは無縁でした。年が近い若い社員が多いことも要因の一つかもしれません。 また、新卒で手取りが30万円程度で、かなりいい水準の給与をいただいていました。 学生時代までずっとお金に困っていたのが、入社して金銭的余裕を得られ、やっと自由を手に入れられたような感覚でした。 高待遇で雇っていただいて非常に感謝しています。

なぜ退職するのか

会社には不満があまりないのに、なぜ退職するのかという疑問がわきますよね。

自分でも気を抜くとなんで退職するのか忘れてしまうレベルで居心地がよいので、

ここでちゃんと退職理由をはっきりとさせておきたいと思います。

健康上の問題を抱えるようになって、考え方が変化

実は2019年7月頃から、謎の右臀部〜右足のしびれみたいなのが続いていて、半年以上たった今も治らないんですよね。

(これについては、別の記事で詳しく書く予定です)

腰椎ヘルニアor変形性股関節症というはっきりしない診断をもらっていて、症状としては坐骨神経痛といわれるものだと思ってます。

ロードバイクをドクターストップされたり、

デスクワークでも基本的に長時間座ってたら途中から足が痛くなってきて座るのが限界になる、という問題があるのです。

そんなこんなで思うことが多々あり、人生について考えることが増えたのですが、

まとめると、

人生は永遠ではないので、やりたいことは今できるうちにすべてやって、後悔ない人生にしよう

と強く思うようになりました。

スキルアップしたい

ベンチャー企業に入ったら色々な経験ができるのはだいたい合っていると思います。

ただ、僕の場合、結構やりたかった、新規サービス立ち上げに関われるチャンスはそんなに多くなくて、 ほとんど既存サービスの運用・改善がメインでした。 (言い続けていればいつかチャレンジの場を用意してくれるぐらいには良い環境ではある)

それはしょうがないのですが、慣れてきたころから、技術的な物足りなさを少し感じるようになりました。

そこを補うべく、プライベートで好きな技術を用いて開発したりしてきましたが、

割ける時間は限られているため、本業でもっと色々な技術を触っていく方が効率的だと考えました。

もっと仕事に充実感を求めたい

腰痛の問題で、ただただ毎日デスクワークで座るだけでしんどいという状態になったため、 気持ちとしては、働きたくないという思いが強くなりました。

しかし、やはり生活していくためには働く必要がありますよね。

どうせ毎日8時間働くのであれば、その中でもっと難しかったり、チャレンジングな仕事に取り組んで、 充実感を得るのがよいと考えました。

また、単純に20代のうちにもっと色々な経験をした方が良いと感じたのもあります。

なぜフリーランスという道を選んだか

転職だと今の状況と変わらないと思ったからです。

というより、今の会社より良い会社をあまりイメージできなかったからかもしれません。

スキルアップをするには、時間がたっぷり必要なのでニートしかないなと思っています。

ただ、完全ニートになるのは少し不安だったのと、せっかく身につけたスキルを活用しないのはもったいないと思い、

勤務時間に融通が効く仕事を探しました。

その結果 フリーランス という職にたどり着いたわけです。

始めのうちは直で業務委託を受けるのは、実績と信頼の面で厳しいはずなので、 エージェントに紹介していただく常駐案件をこなしていく予定です。

フリーランスといいつつ、実際の勤務形態としては、派遣と似たようなものになるのかなと思っています。

数カ月間常駐案件をこなして、1,2ヶ月ニート生活しながら勉強して、、、みたいな生活を回しながら、徐々にスキルアップしていけたらと考えています。

フリーランスになってからやりたいこと

趣味の勉強

これはもう仕事関係なく、趣味としてやりたいことです。

数学や物理といった科学を心ゆくまで学びたいですね。

機械学習エンジニアとしての技術スキルアップ

kaggle masterとか憧れる。

ちゃんとkaggleコンペに参加したことないので、何個か参加して見ようと思います。

後は、理論の勉強と再現実験による挙動理解をひたすら重ねて、扱えるモデルの数を増やしていきます。

お金儲け

案件をこなしている間は、サラリーマンの頃と変わらない意識のまま仕事を続けてしまいそうですが、

フリーランスになると個人事業主になるはずなので、自分で事業を営むことを真剣に考えてゆくことになります。

思う存分お金儲けについて考えていこうと思います。

まずは、自作アプリやwebアプリ開発とかかな〜

FX自動取引の個人プロジェクトも実際に利益を出していけるような業務にしていきたいですね。

これからの意気込み

ここまでつらつらと書いてきましたが、

現時点では未定の部分が多すぎて具体的な事はほとんど決まっていないのが現状です。

まずは、ちゃんと仕事を引き継いで綺麗に退職して、 家を引っ越し、新生活を始め、案件をこなすところまで、軌道に乗せるのが目標です。

フリーランスという職種を選んだ以上、 多少リスクがあっても、やりたいことにガッツリ取り組むことに意義があると思っています。

充実した毎日を送るための努力を怠らずにやっていきます。

© 2017-2019 れぞんでーとる All Right Reserved.